万象房カルチャー講座一覧 / 万象房Q&A / 歴史地理&自然ウォーキング「相模の山里と海辺の古道を歩こう」―丹沢・鎌倉・三浦・箱根―

ウォーキング・スケッチ
「カードサイズの淡彩スケッチを楽しもう!」

リニューアル開講予定!

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。
tel:042-851-8875
または
お問合せメールフォーム

 ○ウォーキングスケッチとは:
山歩き、街歩き、旅先や散歩の途中で心に感じた風景を、カードサイズ(B6程度)の用紙にペンと水彩絵の具で手早く描き止める「ペン淡彩画」です。

 ○日時:不定期開講・応相談(ご受講者と講師の相談でフレキシブルにスケジュールを組みながら進めて行きます。)

 ○料金体系
  ・15000円/3ヶ月(連続講座ですが、講習費は3ヵ月毎に徴収いたします)

 ○講習費支払方法:事前に万象房でお支払い下さい。おいでいただく都合がつかない方は当日受付時でも結構です。

 ○内容
・デジカメとミニ画材を組み合わせて、室内での基礎的な実習も合わせながらテーマに沿った淡彩画を楽しく仕上げていきます。
・1ヶ月(2回)で一回のウォーキング+一枚のスケッチというペースで行います。(年間で9回のウォーキング+9枚のスケッチ)
・手軽に持ち歩ける画材、対象の捉え方、構図の取り方とペンの使い方や彩色の方法など短時間で描くコツ(基本)を学びます。
・万象房内に作品を展示したり、発表会も行う予定です。
・「一寸会」という講師主催のスケッチサークルへの加入も可能です。

 ・テーマT:「社寺を描く」(近隣の神社仏閣に出かけ、歴史や風情も楽しみながら、境内の建物や石造物をスケッチに描きます)

 ・テーマU:「自然を描く」
(近隣の公園や雑木林に出かけ、その風景を楽しみながら森や樹木、川や池、草花などを描きます)

 ・テーマV:「町並みを描く」
(近隣の町並み、商店、ビル、人間生活、などの佇まいを描きます)


 ○持ち物等:デジタル・カメラ、透明水彩絵の具、水筆、ペンなど(用具に関しては講座で説明いたします)。

 ○→ブログレポート「絵」

 ○講師:権藤 徹志(ごんどう てつし)
長年のデザイナー経験を活かし、その技法を加味した水彩スケッチで、旅先や散歩での感動情景を描いている。もと(社)かながわデザイン機構副理事長。さわやかで軽妙なスケッチ画風に定評がある。一寸絵の会 主宰。

 ○お問合せメールフォーム

  


万象房 HOME